韓国ドラマ-紳士とお嬢さん-あらすじ-13話~15話-最終回まで感想あり: BSとCSの韓国ドラマ日誌-あらすじ-動画-感想を最終回まで全話発信

2022年08月17日

韓国ドラマ-紳士とお嬢さん-あらすじ-13話~15話-最終回まで感想あり

韓国ドラマ-紳士とお嬢さん-あらすじ-13話~15話-最終回まで感想-キャスト-相関図あり-視聴率-動画とともに全話をお届けします!

BSとCSで放送、韓国ドラマ「紳士とお嬢さん」あらすじ13話~15話をご紹介します!

あらすじと概要
本作「紳士とお嬢さん」は大手企業会長であり三人の子どもの父親でもあるヨングクと、彼の屋敷に子どもたちの家庭教師として転がり込んで来てたダンダンが出会い、それぞれの人生を突き進んでいくつもりが次第に二人の人生が交差し、双方の家族を巻き込んで起こる、ドタバタラブロマンスストーリー。
脇を固める俳優にはカン・ウンタク、パク・ハナなどなど多彩で豪華な役者が勢揃い!
現地ではハッピーな「パラサイト半地下の家族」とも言われ、その魅力的な物語と話題となりました!

監督:シン・チャンソク「復讐の花束をあなたに
脚本:サム・サギョン「たった一人の私の味方
主要キャスト:チ・ヒョヌ、イ・セヒ、カン・ウンタク、パク・ハナ他
製作/KBS2/週末ドラマ/放送/2021年/全52話/最高視聴率40%越え!





スポンサードリンク








キャスト
俳優/役名/説明
チ・ヒョヌ/イ・ヨングク/FTグループ会長、妻を亡くし三人の子どもを育てるもダンダンに出会うまで自分を見失っていた
イ・セヒ/パク・ダンダン/家族間のトラブルで人生が狂うも、再起を懸けヨングクの家で家庭教師として新たな一歩を踏み出す
カン・ウンタク/チャ・ゴン/ダンダンの叔父、富を築くも家族の為に一念発起する
パク・ハナ/チョ・サラ/ヨングクの執事、亡き妻ヨンエの遺志を継ぎヨングクと子どもを見守る、ヨングクへ想いを寄せる
アン・ウヨン/パク・テボム/ダンダンの義理の兄、失敗続きの人生でいつも家族に迷惑をかけてしまう
ユン・ジニ/イ・セリョン/ヨングクの異母妹で世間知らず、テボムと恋に落ちる
イ・ジョンウォン/パク・スチョル/ダンダンの父、警備員として働く。ジヨンと結婚していた
イ・イルファ/キム・ジヨン/ダンダンの実の母、ファッションデザイナーとしての成功を求め、スチョルとダンダンを捨ててしまう
オ・ヒョンギョン/チャ・ヨンシル/テボムの母、ダンダンの育ての母、スチョルと出会い夫婦となる
チャ・ファヨン/ワン・テラン/ヨングクの継母、セリョンの母
イ・フィヒャン/イ・ギジャ/サラの母、テランとは同級生でありライバル視している
イム・イェジン/チャン・ミスク/グッキの姉、ギジャと高校の同級生、グッキとヨングクが結婚することを願う
ワン・ビンナ/チャン・グッキ/ヨングクの友人、教授であり生徒であるダンダンをヨングク家に紹介する
チェ・ミョンビン/イ・ジェニ/ヨングクの長女、反抗期
ユ・ジュンソ/イ・セチャン/ヨングクの長男
ソ・ウジン/イ・セジョン/ヨングクの次男




韓国ドラマ「紳士とお嬢さん」の予告動画はこちら公式より





韓国ドラマ「紳士とお嬢さん」あらすじ全話一覧はこちら
紳士とお嬢さん-あらすじ-全話一覧




紳士とお嬢さん-あらすじ-13話
ダンダンはヨングクに恋をしていると告白してしまう。
そう、子どもの頃に出会った軍人さんが初恋の人だった。
その軍人さんとこうして再会できた今、やっぱり私が恋しているのはヨングクさんだと…。
その言葉に驚くヨングクは平静を装うのだが…。
翌朝、ダンダンは自分がヨングクに好意を伝えてしまったことを思い出し恥ずかしさで一杯になる。
酔った勢いもあり、まさかあんなことを言ってしまったとは…。
ダンダンは恥ずかしい自分を隠してヨングクに接しようとするが、ヨングクもまたダンダンを意識していた。

一方、セリョンは母テランに勧められた見合い相手との結婚を控えていた。
望まぬ相手との結婚を前にセリョンの気持ちに居るのは、常にテボムのことだけであった。
同じころテボムはゴンと移動販売の仕事していたが、そんな彼らの前にセリョンの見合い相手が通りかかる。
その男は別の女と手を繋ぎ歩いていた。
テボムはセリョンという相手が居ながら、どういうつもりか??と問い質すが、男ははぐらかすだけなのであった。

そんな中、サラとテランたちはダンダンをヨングクから遠ざけるために、彼女を追い出す計画を進める。
テランが認知症である設定にし、ダンダンに不手際をさせることで彼女の評価を下げる魂胆であった。
ヨングクはテランの様子がおかしいことを心配していたが、サラはテランには適切な治療を受けさせるから安心してくださいと、嘘に嘘を重ねる。
ほどなくしてサラは思いがけずヨングクの言葉に傷つくことに。
ヨングクはサラのことをダンダンと呼んでしまったのだった…。
この時ヨングクは浅い夢の中でウェディングドレスを身にまとったダンダンと出会い、まるで夫婦のような場面を見ていたのだった…。

サラは焦り、一刻も早くダンダンを追い出すべくテランと計画を実行に移す。
テランは認知症のふりをしてダンダンを責め立てる。
支離滅裂な言動をするテランに認知症の症状が出ているからだとして、耐えようとするダンダンだが、このやり取りを見ていたエナはヨングクに対して、既にテランの状態は家で見れる範囲を超えていると、施設に預けることを提案する。
ヨングクもまたテランの行き過ぎた行動を知っていただけに、その意見に賛同しテランを施設に送ろうとする。
しかし、そのことを知ったテランは認知症は嘘だと暴露する。
テランはヨングクとダンダンが親密になることは、よくないとの思いからやってしまったと言い訳をする。
呆れるヨングクはすぐにテランを追い出そうとするのだった…。

その後、テランに散々な目に遭わされたダンダンを気遣うヨングク。
いつも以上に優しいヨングクに困惑するダンダンは、ヨングクに対し両思いなのかどうかをたずねてしまうのだった…。




紳士とお嬢さん-あらすじ-14話
ヨングクはダンダンから私のことを好きでいてくれるのですか?
と問われ焦ってあたふたしてしまう。
そんなヨングクは友人のコ・ジョンウとの急用ができたと言い訳をして、その場で答えを出さずに離れてしまったのだった。
ヨングクはジョンウにある友人の話しだとして、10歳以上も年齢の離れた相手との恋愛が成立するのか?と相談をする。
ジョンウはヨングクの真剣な表情にその友人とはヨングク自身だと察し、ヨングクが真剣に考えていることを思い、むしろそんな出会いは願っても起きるかどうか分からないことだから、大切にするべきだとアドバイスをする…。
一方、ダンダンはヨングクと両思いかどうかを確かめるべく、期日を設け気持ちを示してくれるように伝える。
好きでいてくれるのなら、あの木にハンカチをくくり、そうでないならなにもしない。
言葉に言えないならそれでいいと、ダンダンは自分の気持ちにも決着をつけるつもりでそうすることを提案するのだった。
ヨングクの気持ちは固まっていたが、すぐに行動に移すことが出来ないでいた。

そんな中、テランはダンダンにプレゼントを贈る。
それは、これまでしたダンダンに対する無礼の謝罪の気持ちであった。
しかし、それはヨングクから家を追い出されないようにするための、機嫌取りが目的なだけであった。
だが、サラはテランの行動を目撃し裏切られた!と思ってしまう。
このままでは完全にダンダンにヨングクを奪われたしまうと悩むサラは、母キジャに相談をする。
するとキジャはダンダンの弱みを見つけそれを利用するのだ!と話すのだった…。
こうしてサラはダンダンを尾行しダンダンとスチョルが親子であることを突き止める。
ということはセリョンを騙そうとしたテボムと家族であり、きっとダンダンは秘密裏にヨングクを騙そうとしている!と考え、すぐにテランにそのことを共有するのだった…。

時を前後して、エナの元で働いているスチョルはふとした拍子にエナの首筋によく知る人と同じほくろを発見する。
その時、元妻であるカン・ジヨンの姿を思い出す。
ジヨンにも同じ場所に同じほくろがあった。
そんな偶然もあるものかと懐かしくなるスチョルだが、まさかエナこそがそのジヨンであることは想像もしないのであった。

一方、テボムはセリョンが結婚を控えていることを受け、改めてその相手ギョンソクと結婚をしても君は幸せにならないから、止めろと忠告する。
その言葉にセリョンはどうして自分のことを心配するのか!と怒りをぶつける。
テボムはそんなセリョンの主張は無視してそのまま帰ってしまう。
憤ったセリョンは酒を飲みその勢いに任せて、テボムの元へ押しかけるのだった…。

ほどなくしてヨングクは勇気を振り絞りハンカチを木にくくり、ダンダンへの想いに応えようとする。
するとそこに現れたダンダンはヨングクを抱きしめて、晴れて交際が始るのだった。
だが、そんなダンダンの元に新たな問題が降りかかる。
テランはサラからダンダンとスチョルの関係を知り、兄妹揃って私たち家族に迷惑をかけようとしているとダンダンを痛烈批判する!
ダンダンはそんなことはないと否定し、ヨングクもスチョルとダンダンの関係は承知済みだと言うのだが、厳しい事態が続く。
サラはこの状況でもダンダンを庇うヨングクに対し、会社を辞めることを引き合いに出し、ダンダンと自分のどちらかを選んでほしい!
とヨングクに迫るのだった…。




紳士とお嬢さん-あらすじ-15話
サラはダンダンを辞めさせるために、自分かダンダンを選ぶようヨングクに迫る。
するとヨングクはそんなことを言いだすサラを叱り、個人的な感情をぶつける人に子どもたちの面倒は見させられないとして、サラに解雇を言い渡す。
その言葉にサラは驚き涙ながらに私がずっとあなたを想っていたことに気付かなかったとでも言うのですか?と迫る。
ヨングクは困惑しながら冷静に対処しようと努めるのだった。

ほどなくしてサラは荷物をまとめて出て行くと、その足で居酒屋へ行き酒を浴びるように飲むのだった。
そして、代行運転を呼ぶとその運転手に海岸へ行くよう依頼する。
その代行運転手であるゴンは、サラの思い詰めた雰囲気が引っかかりながら言われた通りに海岸でサラをおろす。
するとサラはそのまま海の中へ突き進んでいってしまう。
その姿を見たゴンは驚いて、サラを海の中から引っ張り出すのだった…。
既に水を飲み意識を失っていたサラをゴン病院へと緊急搬送し、サラはお陰で一命を取り留めるのであった。
ほどなくしてキジャは娘サラの思い詰めた行動を知り、別の未来を進むよう諭すのだが…。

一方、ヨングクとダンダンたちはエナが主催するファッションショーイベントに出席する。
お互いにドレスアップをして臨んだ席であったが、一緒にいた二人を見た者に仲の良い親子だと見違われてしまう。
ヨングクは困惑しやはり世間からそう見られるのかと心配してしまう。

一方、セリョンは見合い相手ギョンソクとドレスの衣装合わせを行っていたが、ギョンソクはもう一人の交際相手から呼び出され、仕事が理由だとセリョンに嘘を付いて抜け出していた。
不信感を募らせていくセリョンだが、退くに退けず同時にテボムが話したあの男との結婚を止めておけという言葉が脳裏によぎるのだった。

エナはダンダンとヨングクがお互いを温かい目で見つめ合う姿を目撃し、二人が両思いなのではないか?
と気付く。そして、エナはヨングクと二人きりの時にヨングクに対しダンダンを想っているのか?と問い、ヨングクは驚いて戸惑いを露にしてしまうのだった…。




スポンサードリンク







感想
今回も盛りだくさんの展開でした!
ヨングクとダンダンは交際をスタートさせます。
まだ秘密でこっそりとデートから始めているようですが、ヨングクは迷いながらもダンダンへのストレートな想いを友人よりも強い思いで伝えて行きます。
ダンダンも初恋の人がヨングクであったことに感動し、変わらぬ思いを伝えました。
しかし、サラもとうとう本音を伝えヨングクを求めましたが、しかし残念ながらヨングクの心にはダンダンしかいないのでした。
サラも卑怯なことをしてダンダンを追い出そうとしたところはいただけませんが、ヨングクを思う気持ちは真剣でしょうから複雑ですね。
そして、サラはゴンと出会うことになりました。
ゴンはたまたま代行運転でサラを運んだのですが、まさか自ら命を絶つ直前だったことに驚いたでしょう。
今後二人の関係もどうなるのか注目です!!
そして、セリョンとテボムの関係も、完全にセリョンの現交際相手は黒ですが、どうなるのでしょうか!!

最後まで、ご覧いただきありがとうございます!
それでは、次回更新をお楽しみに(^^)/
管理人ベルモク




スポンサードリンク







韓国ドラマ全タイトル一覧!順次更新!
韓国ドラマ-あらすじ-全タイトル一覧

復讐の花束をあなたに-あらすじ-全話一覧

一度行ってきました-あらすじ-全話一覧

赤い靴-あらすじ-全話一覧

私がいちばん奇麗だった時-あらすじ-全話一覧
posted by ベルモック at 11:15| 韓国ドラマ 最新タイトル | 更新情報をチェックする